出来ること

 某県立高校が近隣にある。野球部が練習試合をしていると、アナウンスがはっきりと聞こえてくる。この夏は、エースがちょっと注目されているらしいということを夫が聞きつけて、ふらっと練習試合を見に行ったり、甲子園の予選にも足を運んだりした。
 
 自分でも驚いたことに、高校野球を生で見るのは実は始めてだった。まともに見てみて思ったのだが、野球とはこんなに恐ろしいスポーツだったのだろうか。投手にかかる比重が大き過ぎ、一球一球の持つ意味があまりにも重過ぎる。一人の人間であれば、急に調子が崩れることもあり、アウトがとれなければいつまで経っても相手の攻撃が終わらない。マウンドに立って試合を成り立たせることの重さを考えると、どちらのチームを応援しているわけでなくても、打っても打たれても、息が出来ないような気持ちになる。
 せつないのは、野手は、自分のところに球が飛んでこない限り、どんな状況に対しても何も出来ないことである。もちろん、いつでも現在に対して備え続けることは出来るしそうすることが必要だが、それはあくまでも備えているだけであって、直接何か働きかけることが出来るわけではない。野球をしている立場からはまた違った意見があるだろうが、今回観客として私はそう感じた。


 ラグビーは、惨めになるスポーツだ。条件も含めたチーム力の差、個々人の能力の差、経験値の差、勇気の差がくっきりと浮かび上がってくる。伯仲しているのであればそれらの微妙な差異がゲームの綾を作るが、蹂躙という形容がふさわしいほどに一方的な展開となれば、負けている側がタックルに行けばいくほど、それでも止められない残酷さが一層露になるのだ。あるいは勇気に欠ければ、攻め来る相手に手も出せず立ち尽くす自らの姿を容赦なく人目に晒す。辛いスポーツだ、とずっと思っていた。
 しかし野球を見ていて、ラグビーのことが頭に浮かんできた。ラグビーには、どんなに負けていても、どんな状況であっても「自分が」出来ることというのが最後まで残されているのではないだろうか。もちろん、細かいことを言っていけばラグビーでも何も出来ないという事態は多く存在するだろうが、それでも、自分に気持ちがあれば戦い続けられるスポーツだ、という気が強くしている。どんなに負けていても、走り続け、刺さり続けることは出来る。
 
 ラグビーは、番狂わせが少なく、先に述べたように自分の力の足りなさとその場で向き合い続けなければならない。それでも、自分に今何が出来るのかを見つけ続け、戦い続けることの出来るならば、強豪校でなくとも、優秀な選手でなくとも、自分と出会い続けることが出来るスポーツなのかもしれない。
 ラグビーをする意味は、もしかしたらそこにも…。
  

 
 話は少し変わる。
 その県立高校では部活動が盛んで、ぐるっと学校を一周すれば野球部、サッカー部、ラグビー部、テニス部の屋外組の姿が見られるだけでなく、武道場から剣道部の気合が、体育館からはバスケットシューズが床を踏みしめる音や、様々な喧騒が聞こえてくる。
 体育館の横に立つ桜の木が、道行く人に向けて手を差し伸べるかのように塀から枝を伸ばしている下を通る度に、そこから彼らの青春が滴り落ちてくるような気がするのである。
 
[PR]
by kefurug | 2011-08-28 15:33 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug