明日こそ降らないで

 この一年、ひそかに我が家のヒーローだったのが太田高校の12番。
 群馬で高校ラグビーを見ているなら知らない者はいないだろう(と思う)。攻撃の際の突破力で注目されているかと思うが、彼の魅力はなんといってもタックルとジャッカルである。立川理道をスケールを小さくした感じ(なんかたとえ方に失敗しているが、私としては相当誉めてます)で、彼のディフェンスで俄然試合が盛り上がる(観客としてのこちらの気持ちも)。

 夫はなかなかラグビーを一緒に見に行く余裕もないのだが、去年の花園予選準決勝と、今年の新人戦の準決勝とで彼を気に入っていて、二人でラグビーの話をする時にはたとえ話として「太田高校の12番」を使うこともあるくらいだったりする。


 かといって、太田高校が勝てばいいと単純に考えているわけではなく、春には3位決定戦で農二に勝ち、今回の準決勝でも、互いの練習試合の顔ぶれを並べて経験値を引き比べたら圧倒的に相手が有利だろう(その上相手は3年連続花園出場中だ)明和県央をゴール差で退けて決勝に上がってきた高崎商にも全力で頑張ってほしい。


 明日は群馬県の決勝なので、いい舞台で戦わせてあげたいものだが、無情にも朝9時ごろから既に雨の予報だ。私の雨支度も頑張らなければ。

 埼玉も決勝だということは、明日の私のスケジュールは???


 
 以前の記事で「ラグビーをめぐる人々が嫌い」と書いてしまい、自分でも非常に乱暴な言い方だと分かってはいたのだが、あの時はどうしてもああいう言葉も並べておかないとバランスがとれなくて敢えてUPしてしまった。
 あの後よく考えてみたのだが、もう一度きちんと言い直すと、私も含めてラグビーを好きだったりラグビーに関わっている人間は、「ラグビーはいいものだ」ということを「当然の」前提としてしまうところに問題があって、その内輪受けのような感覚が嫌なのだということだ。もう少し、外からラグビーを客観的に見ていろいろなことをしたり考えたりするのが必要な気がする。
 

 まあ、日本協会と、古い体育会気質みたいなものをちょっと引きずりつつラグビーは絶対だ!みたいな雰囲気をかもしちゃう人が結構生き残っていたりする感じが嫌だ、とシンプルに言えばよかったんだけど…。


 自分は、何かを言語化するのにものすごく時間がかかるので、中途半端なまま書いてしまうと「なんだかなー」状態になり、言語になるまで待つと旬を逃すという悲惨な人間なのだが、やっぱり中途半端なまま書いちゃだめだと、反省。今回の記事もそんなにまとまっていないけれど(涙)。


 もう一つ。試合の記事ってどう書いていいか分からない!状態になってそれがブログを止めていた理由の一つであるのだが、やっぱりまだ分からない!!!茨城県決勝もものすごく難しかったのですが、あまりにもあっさり過ぎたか、と少しだけ足しておきました。
 何だかもうとりとめのない記事で相変わらずすみません。
 
[PR]
by kefurug | 2012-11-17 00:31 | たわごと

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug