累卵

 夢を見せてくれるチームはあるが、夢を実現してくれるチームは少ない。



 パス主体の展開ラグビーは、伏見工業が見事に体現している。では、パスに頼らない展開ラグビーはどうか。
 展開ラグビーを挑もうというチームは小型であることが多い、ということもあり、接点がなかなかに厳しい。去年の東福岡(強くて柔らかいFW)ですら、仰星のDFの前に退けられた。

 それでも接点に命を賭けようとする清真の挑戦は、スタート台に立てるのか。以前書いたように、成功すれば見事なDFの内側を掻い潜るサポート。次々とつながれインゴールに運ばれるボール。清真のFWの体格でこの戦法の成功が成し遂げられたなら、ラグビーをする者にも見る者にも勇気を与えるだろう。

 清真の、攻撃の際の選択肢は三つある。
 ①タックルされる間際(あるいはされながら)サポートの選手につなぐ(〈ⅰ〉サポートの選手がもぎ取る 〈ⅱ〉サポートの角度で振り切る)→繋ぎ続けてトライ
 ②ラックを素早く連取してトライ
 ③ラックからでもパスからでも、13番に切り込ませる→そこからまたどうにかして繋ぐ

 ①で問題なのは、サポートの選手がボールキャリアに非常に近い位置にいる場合、一緒にDFに包み込まれてしまう点だ。それぞれの走るコース、サポートの角度、リップのタイミングなど、非常にたくさんの要素がそれぞれ大切でしかもみんなの呼吸が合っていなければならない。
 これは、相手との我慢比べの時間帯を制して相手が崩れてくれれば非常に有効で、相手が疲れてくると自動的に中が抜けるようになる。しかし、少し接点が強く、しかも気位で負けてくれないチーム相手であると、極端に得点力が落ちる。特に、後半にそれが顕著だ。今の段階では、かなり余裕がないと「速く」しようとすることは出来ても「早く」することが出来ない…それが相手に隙を与え、接点での球の受け渡しの際に圧力をかけることを許す。結果、リップやパスが雑になり、ターンオーバーを許す。

 ②は普通じゃん。と思われるだろうが、①と組み合わさると「どちらで来るんだ?」と迷わせる効果があるので、このチームにおいてはラック一辺倒の場合とはまた別の意味があるのだ。しかし、それまではさほど感じなかったが、スーパーリーグ最終戦で大きな問題点を見つけた。
 スピードが命の今年の清真、ラックを連取するにはSHの球出しが遅い。これはSH一人の責任ではもちろんないのだが、象徴的にそこに問題が現れている。ラックにするのか繋ぐのか、考える際に選手が一瞬周りの選手を「見る」ことによって全てが一瞬遅れる。ラックの形成も遅れる。SHが寄っていくのも遅れる。それらが少しずつ重なると、球出しの瞬間には致命的な遅れとなっている。相手のDFラインは揃い、もう一度攻撃を作り直しても最後にはターンオーバーされてしまう。
 
 とにかく、清真が今年志すラグビーをするなら速度が命である。しかし、速度を意識するあまり、状況がきつくなるとハンドリングのミスも目立つ。今日の段階でどこまで仕上がっているかは見てみないと分からない。

 そして、困った時の③。13はキャプテン。非常にいい顔つきの選手である。「柱」の選手で勝負するわけだが、逆に言えば局面を打開する際に、他のオプションを見たことがない。つまり、(とりあえず)茗渓にははっきりと読まれているのではないか。ただ、このオプションだけを今まで見せておいて(撒き餌)、今日(から花園に向けて)突然変えてくるという素敵な予想も出来なくはないのだが…。普通に止められ続けて手詰まりになった時、打開策はどう用意されているのか。
 
 関東大会で清真の志を粋に感じたものとして、是非、花園でさらなる高みを目指してほしいのだが、今の段階でそのスタイルは、まだガラス細工のような繊細な強度に止まっている、ように感じられる。これを強靭なものにしていくには、より強い相手にどう通用させるか、というイメージを細部まで具体的に全ての選手が共有できることが大切だ。選手たちの気持ちだけでなく、大人の役割は非常に大きい。渡辺監督、和田コーチのお手並み拝見である。この戦い方のリスクは百も承知のはず。敢えてそれを選びとったチームの戦いを最後まで見守りたい(おそらく、それは一年では終わらないだろう)。

 何故か、思うのだ。極めて危険な状態の喩えとして使われる「累卵」。しかし、コロンブスの卵ではないが、無理やりにでも積み重ね続けていったなら、ある日思いもかけない形で見事な塔が完成するかもしれない、と。当たり前のことを当たり前にやっていたなら、状況は何も変わらないのだから。


 今から第一歩を踏み出すところを目撃に行く。
 茗渓も全力でぶつかってくる。スタンドから清真の試合を見ているときのチームの空気はやはりただ事ではなかった。勝利を手にするのは、どちらのチームだろうか。
[PR]
by kefurug | 2007-11-17 10:07 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug