裏原

 じゃなくて、裏花。花園の期間中にこっそり(?)行われる、サニックスワールドユースの予選大会のことである?!



 この大会、何と言っても条件が「花園に出場していないチーム」…ねぇ。リベンジに燃える面々が、経験と、もちろん出場権を得るために戦う、実はかなり興味深いトーナメントなのである。
 伏見のリベンジストーリーは去年ここから始まった。そして、今、来る花園に向けて着々と爪を研ぐ。

 一回戦の好カードは長崎北ー桂と、御所工実ー長崎南山。面白そう。そして、二回戦の注目が!!私の予想通りに勝ち上がるなら、啓光ー長崎北と桂の勝者、筑紫ー春日丘(これ見たい~)。花園で行われていても全くおかしくない試合。ああ、いいなあ福岡県民…。一回戦は1月2日、二回戦は1月3日。花園の三回戦を見て福岡に移動すればばっちりだ…そして、全ての親族からは人非人の烙印を押されるのだろう。
 でも、一度筑紫を生で見たいなあ。’05の選抜、見はぐったんだよね。仕事で。あれ、山下君出てたのにな。多分(またそれかよ)。

 やはり見る方も経験と蓄積が大切だなあと痛感する今日この頃。記憶の仕方が見つからないとどんなにいいものを見ても、引き出しに残らないから。

 高校ラグビー、なんでお正月なのだ。こういう時期でなかったらかなり無理してでも観戦に行けるのに(涙)
[PR]
by kefurug | 2007-12-12 10:35 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug