一歩手前

 長崎北陽台、ベスト4に勝ち残る。



 春、前に出る素晴らしいDFで感動させてくれた時にもここまでの結果は予想できず。九州大会などの結果からも予想できず。花園予選で長崎北を0点に抑えて始めて少し期待が持てた。
 しかし、抽選結果は二回戦で早くも仙台育英との対決。久我山FWの接点に苦しんだ春を考えると期待と不安は半々。
 結果は見事に撃破。
 続いて大分舞鶴戦、相手にペースを握らせず逃げ切る。二つ目を撃墜。
 遂に迎えた天理戦、ラグビーファンとしてはどちらかが負けるのは惜しい組み合わせ。なんと北陽台はFW戦を挑む。
 勝利。今、彼らの肩には三つの星が煌く。
 そしていよいよ、優勝候補最右翼、伏見工業との対戦である。

 この試合はSO対決、こんなことは誰も言わないだろうが、私にとってはそうなのである。
 
 北陽台のSOはキャプテン村上。堅実なゲームメイクも出来、自分で突破することも出来、キッカーも務める。華のあるSO…というところまではまだ届かないようには思うが、明らかに目立つ存在。ファンタジスタ系(?)の選手である。
 一方、伏見工のSOは鈴鹿佳太(じゃないかな…明日、南橋だったらごめんなさい)。人に強くはない…印象としては。穴を見つけるセンスはあるが、行ききることは出来ない。
 しかし、相手DFをきちんと引き付けてBK陣をきれいに走らせる役目をこれほど忠実にこなせるSOもそういないように思う。そう、才走った感じはなくとも、きちんと仕込まれて展開ラグビーのタクトを振れるSO、それが鈴鹿だ。寧ろ、余計な才能がないからこそ役割に徹することが出来るとでもいうか。私は彼を見ていると、伏見工のラグビーを象徴しているように感じてしまうのである。

 チームのためにこう動く、ということをきっちり仕込むのが高崎監督のラグビーだとしたら、鈴鹿は仕込まれることで開花した選手ではないか。文字のような切れ味の鋭さはないし、予選決勝や高校日本代表ではSOとして起用されていたチームメイト、南橋のような強さはないのだが、鈴鹿がどのように敵と「接近」してパスを放れるかでゲームが決まる。そんな気がする。

 キャプテンが先頭に立って、指揮官としてチームを勝利に導くか。いぶし銀のSOがゴール目掛けてどのような飛び道具を使い分けるか。激しく前に出るだろう互いのDFと共に、見物である。
[PR]
by kefurug | 2008-01-04 23:44 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug