茨城県大会準決勝(+α)

 鹿嶋の地にて二試合。



第一試合 茗渓 48-10 東洋大牛久
 牛久と鹿嶋はどれくらいの距離だろうか、近くはないよな、などとどうでもよいことを考える。
 合同Aチーム(磯原、水戸一)相手の先週の準々決勝では、茗渓はややスロースターター。穴が抉じ開くのを待っているような雰囲気。開いてからは一気にトライを量産したが、開始5分で勝負をつけてやる、といった勢いではなかった。
 対する東洋大牛久。少し離れたところから見ていたので細かくは分からなかったのだが(卜伝の里運動公園のグラウンドは人工芝になったのはいいのだが、見る人間の位置取りが難しい。観客席のある水戸でやってくれればいいのに…なんて)、準々決勝での日立一高との戦いは点の取り合い。38-31の1トライ差で勝利をものにしたが、茗渓相手に得点をどれだけ取れるかは未知数である。


 東洋大牛久のキックオフで試合開始。ボールを何とかキープした東洋大牛久の選手が、タックルを受けてボールダウンし、ラックを作ろう…と倒れようとするところで茗渓があっさりとターンオーバー。ラックにすらならずそのままバックスに回してトライ。力の差をはっきり見せた。
 このままいけば100点ゲームだが、茗渓はそのように圧倒できずに、ボールを持っても自らのミスでチャンスを潰す展開。ファーストトライの後にはすぐ、自らペナルティを重ねたために東洋大牛久に反撃を許すなど、詰めの甘さが目立つ。茗渓は、パス自体の速さや長さそれ自体で相手を抜くというチームではないと思う。パスをどう拾って(受けて)、どう走りきるか、というところが勝負のチームだと感じるので、パス自体が雑でもそれは織り込み済みとして(ごめんなさい)、ボールに対する反応やランニングスキルで勝負なのだがそれがまだ発展途上。そのため、トライを取るまでに時間がかかる。陣地もボール支配率も圧倒していたのにそこまでスコアが開かなかった理由はそれである。風も強く雨でボールが滑ったことも条件としては不利。SO川島のフレアも不発でちょっと不完全燃焼か。もう少しすんなり取れるようにしないと、全国は厳しい(と、つい考えてしまう)。
 東洋大牛久は、前後半各1トライずつ返すも、スピードが違う相手に一方的な展開を許すしかなかった。茗渓ってちょっと戦いにくいだろうな(←ちょっとかよ)。  

 
第二試合 清真 33ー22 つくば秀英
 準々決勝では常総学院と17-17の同点、抽選で準決勝に進出したつくば秀英。新人戦で大敗した相手に追いついて見せたわけだが、試合運びとしては拙い印象。陣地やボール支配率は勝っているように見えたが、ゴール前でもたついてしまう。常総相手にそうなのだから、清真相手ではどうなのかというのがこの日の課題。
 清真は、パス回しで勝負なのだが、自らミスを招く状況が多すぎた。パスの角度とサポートが合っていないのだろうか。ハンドリングが危なっかしい。そこを秀英につけ込まれるようだとクロスゲームになる可能性がある。


 と予想したら本当にある程度クロスゲーム。先制は秀英。開始4分、相手の自陣ゴール前でのペナルティからFWが飛び込んでトライ。やや意外(?)な展開に両校保護者の方々どよめく(笑)。ただ、そこからは清真がバックス、モールを織り交ぜて3トライを重ね19-5で前半を折り返す。
 
 しかし、後半も先制したのは秀英。5分にPGを得てこれを決めると、8分には相手ペナルティからラインアウトを起点に14がトライ。ゴールも決まり、15-19と追い上げる。その上、15分には清真が自陣ゴール前5m付近でのマイボールラインアウトをこぼしたのに飛び込んで、秀英がトライ。22-19と逆転に成功する。清真の選手たちは呆然。
 ただ、そんなにすんなりとはいかない。清真はここから、相手のペナルティを起点にモールを押し込んですぐ1本取り返すと、21分にはスクラムからFWがモールを組み、最後は15がトライ。33-22と何とかリードを広げる。
 ここからは互いに攻め込むも取り切れない緊張の時間帯が過ぎ、防がれきった状態の秀英はモール以外の手段がなく、時間切れ。最後の10分、互いにミスが出、しかも互いにつけ込めなかったのは双方にとって課題か。


 茗渓と清真。それぞれ走り回るラグビーを志向しているので、結果的にはミスしない方が勝つことになると思われる。今の段階ではどっちもどっち(よくも悪くも)。でも、個々の強さは茗渓のような気がする…。

 それにしても、常総学院。新人戦では清真に10-10で引き分け抽選負け(よって関東新人大会出場ならず)。今回はつくば秀英に抽選負け。炎のタックルマンは籤運がないのだろうか…。しかし、去年までの成績を考えると明らかに結果が出ている。秋、くじを引かなくてもよい結果を出すための日々は続く。
[PR]
by kefurug | 2008-05-13 23:35 | 観戦記(高校)

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug