或る試合

 間もなくキックオフという時に微かに遠雷が聞こえる。



 それでも何とかもった空の下、今日は日韓中ジュニア交流競技会の日本ー韓国戦@千葉県総合スポーツセンター。
 日本代表…という名の九州代表+α(北海道)と対するのは、富川北高(韓国)である。正直、この試合で日本代表のユニフォーム着用というのはどうなんだろう…と思いつつ観戦。


 韓国側は書きとめようと思いつつ、微妙なところがアナウンスでは不安なので、諦めて下さい。イ段の音って、子音が非常に聞き取りにくい…特に屋外では(耳も悪いのだろうか)。
 
 高校日本代表(今回バージョン)
 1上田 2小田 3徳重 4金本 5木下 6落合 7扇 8山本 9本村 10樺島 11原田 12吉原 ⑬猿楽 14中靏 15小川
 資料がないが、猿楽君がキャプテンなのは確かなはず。
 CTBで召集の樺島君(福高)がSO。風の噂で聞くところによると、パスはあまりうまくないとか…。どうなのだろうか。
 とにもかくにも、普段あまり見る機会のない九州の選手たちが見られるのはうれしいわけで。
 スタンドでは、午前中に千葉県チームと対戦した中国チームが観戦。午前中の試合は体力的に追いつかず観戦をパス、残念。 


 前半 韓国のキックオフで開始。
 
 3分 日本 15がPG成功。3-0。
 10分 日本 日本10が上げたハイパントを韓国がノックオン。こぼれ球をキープし(アドバンテージ)攻め込み、14がトライ。G成功。10-0。
 14分 日本 相手のペナルティからラインアウト→モール→サイドを5がトライ。G成功。17-0。
 22分 日本 相手ペナルティからラインアウト→モール→左のバックスラインに回しラック。更に順目に回して最後は2がトライ。G失敗。22-0。
 27分 韓国 12がPG成功。3-22。
 31分 日本 相手陣ゴール前で韓国のペナルティからすぐに13が飛び込んでトライ。G成功。
 日本29-3韓国で前半終了。


 後半(時間がかなりあやしいのでご容赦) 
 2分 韓国 攻め込んでいた日本のパスを13がインターセプト。そのまま走り切りトライ。G成功。10-29。
 14分 日本 ターンオーバーから10が韓国ラインの裏にキック。14が追いつき、拾い上げトライ。G成功。36-10。
 19分 日本 ラックから(だったと思う)バックスに回し、一旦14にボールが渡ったところで13がさらに外に回り込みボールを受けゲイン。サポートの14にパスを返し14がトライ。G成功。43-10。
 32分 日本 相手陣ゴール前で韓国のペナルティから速攻で14がトライ。G成功。50-10。
 35分 日本 相手ペナルティから速攻。5がゲイン。その後ラックからつなぎ、最後は11がトライ。G成功。57-10。
                   
 
 韓国チームには申し訳ないが、ワールドユースの結果などを考えてみても、このくらいは差をつけて勝ってほしいというスコアではある。
 ただ…。
 どう考えても時間がないので期待できないのは分かっていたけれど、それにしてもどうもアタックが芳しくない。
 一対一での局面で普通に戻される。あんまり強くない??
 まあ、状況を考えると仕方ないのかなと思ったのだが、このチームはどうも、急造チームとは言えないようで、だとすると、練習できなかったにしてももう少しどうにかなってもいいかも…と考えてしまったりして。
 

 とにかく、アタックに限らず、一対一の部分でそんなに勝っていないなあと何故か感じてしまう試合だった。自分たちがボールを持ち込んだラックでキープしきれずターンオーバーを許す場面も散見され、ハラハラ。
 ディフェンスでは一度ペナルティの螺旋に入り込むと立て直せずにペナルティが嵩むのが辛いところ。相手の得点が少ないのは相手が自滅したからで、日本のディフェンスが良かったからではない。
 点差がついた割りに、あまり日本チームのいい面が感じられなかった。
 つらつら考えるに、FWに地味な役割を果たす人がいないのかも。だから脆いのかも。
 でも、あれこれ言うには辛い試合。重要な試合として位置づけるには条件が制限されすぎていて。
 

 韓国はラックで寝込んでしまったり、気持ちが逸ってのペナルティでリズムを自分たちで崩していたのが残念。見事なサインプレーでトライを取れるチャンスがあったのだが、2番が持ちすぎてしまって反則。惜しかった。
 この2番の選手、すごい体つきだった。対照的に10番が足が長くて体が細くて、今時の若者だなーと眺めてしまった。


 日本の13、14が自由に動けるとトライにつながるケースが多かった。
 猿楽君が、ループしたり、飛ばしパスで飛ばされた後更にWTBの外でボールをもらったり、その運動量と個人技でチャンスを作る。ディフェンスも他の選手をカバーしていたりするので、本当に運動量は多い。中靏君もボールを持つと速いし、持ちすぎず、ちゃんとボールを放すべきときに放せる選手というか。
 これがライン全体になればな…。
 春にはきちんと高校日本代表としてチームが熟成した状態で遠征がなされることを望んでいます。
 
 
 ちょっとだけ思ったのは、ELVの下、スクラムからのアタックは、SOの見せ場は減るのかも…ということ。NO8かCTBで勝負、というチームが増えるのかなという予感がした。ただ、そこでそれでもいかにSOで勝負するか考えると独自性が出たりして…(SO好きなので、SOに華がある戦術が見たいだけなんだけどね)。
 あまり変わらない気はしていたが、スクラムからのディフェンスラインが下がったのは影響が出るということが、やっと理解出来てきた(友人たちから言われてはいたのだが)。
 そのあたりはまた改めて…(あんまり戦術のことって分かっていない人なのに改めて書いていいのかどうか分からないが)。


 前の週にはミニ国体、この日は韓国戦と頑張った九州(+北海道)の選手たちに敬意を表しつつ。夏休みの課題(勉強)も頑張ることを祈ってます。
[PR]
by kefurug | 2008-08-24 23:44 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug