愛知づく私

 瑞穂にて、トップリーグの前座で私学大会決勝(高校生)。



 名古屋ー愛知  25分ハーフ  


 前半 名古屋26-0愛知
 後半 名古屋40-0愛知
   計 名古屋66-0愛知


 前日にばたばたと名古屋行きを決めたので、キックオフの4時に間に合うような準備、出発が出来ずに残念。最初のトライがどのような形で決まるかが見たかったのだが(やっぱり、入りをどう持っていくかが見所なので)。
 前半終了時には既に力の差は歴然。愛知がボールを持ち続けることが出来ない。よって、一方的な割りに爆発的な大量得点ではないのは、名古屋が自分でミスしているからなのである。


 後半は名古屋が全開。6トライ5ゴールを挙げ一方的に試合を決めた。


 公式戦では、両校は4月26日に対戦記録があり、41-14で名古屋が勝利を収めている。
 6月の、春日丘との対戦を思うと、名古屋のほうが強かろうとは考えていたが大差の試合となった。
 愛知はディフェンスにいけないチームではないのだが、力の差が大きいために、ディフェンスに人がかかってしまい、ボールをつながれるうちに名古屋は自ずと外に人が余る。


 名古屋は、西陵、春日丘の牙城を崩すべく鍛えられている印象。しかし、個が強くとも力に頼らず、外で勝負、あるいはボールキャリアーを忠実にサポートするといったプレーで戦っているので、試合が引き締まっており、点数ほど大味な印象はない。
 ただ、ボールをどこで放すかというタイミングがまだ完璧でない(この時期だから当然だ)。強い相手に対し、つなぎ続けるのか、ラックを連取する形をとるのか、その決断をどうするかがポイントになるような気がする。
 6月に見た際にも感じたが、名古屋5番の堀君が非常にいい働きをしている。地味なことも派手なことも出来る。動けるLOはやはり魅力的だ。
 

 それにしても、北関東在住で、この時期までに名古屋高校の試合を二試合も見ている人間など、相当少ないだろうな(でも、皆無じゃないような気もする。東芝の熱烈な追っかけの人とか…)。


 愛知、決勝が面白いと思っていたが、名古屋の頑張りで実は準決勝が面白いのではないかと思えてきた。もう、考え出すときりがない。
 一体どうすればいろいろ全て見られるんだろう?コピーロボット売ってないかな…。
[PR]
by kefurug | 2008-09-09 22:35 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug