モールの復権

 新シーズンなのだなと感じる。花園までの試合とはちょっと傾向が違う。 



 関東大会一日目から、奇妙に、モールが復活しつつあるのを感じている。ELVsで一期戦って、その中でどうモールを生かせるのかが考えられているようだ。
 しかも、どちらかといえば旧ルール下では大きくて重いFWに押されると嫌だから自分たちは展開ラグビーで対抗しよう!としていたチームが、工夫しているのが目に付く。

 
 まずは茗渓。日川ー茗渓という対戦を聞けば、どちらかと言えば日川が強力なモールを組むイメージだが、茗渓がラインアウトから何度か押し込んで効果的にゲインする場面が見られた。ただ、三、四度目くらいになると日川も対応したので、そこからしばらく使用を控え(笑)、また終盤モール、と、効果的に使っていたのではないかと思う。やはり「茗渓がモール?!」という意外性は大きいし、たとえモールで取りきれなくても選択肢を持っているチームなので、駄目でもともとという部分もあるのではないだろうか(と推測しているのだが)。


 そして、桐蔭。先制トライは相手ゴール前でのマイボールラインアウトからモールで取ったもの。モールなんて、正智の弱いものいじめの代名詞のような(選手関係者各位、ごめんなさい)技の一つだったのだが、この試合で正智がモールを効果的に使うことはなく、寧ろ桐蔭が工夫して使っていたのが印象に残った。


 清真もFWの大きさでは負けるはず(正確なサイズの対比が分からない)の流経相手にモールで対抗した。相手がこちらのモールをはがそうとして倒れ、いなくなってもバインドをしっかりとして崩れず、相手が組み直さざるを得ないようにじりじりと待つ。そして、それなりにゲインできる。風下でキックが飛ばない状況ではボールをキープするのに有効である。そして、この試合でも流経柏の方がモールで押し込む場面は殆どなかった。


 大きいチームは、寧ろモールに時間をかけるよりもラックを連取するなど強さで圧倒した方がELVsでは話が速かったので、どうしたら崩されないか等の研究が進んでいないのかもしれない。小型チームの方がどうすれば使えるかを考えているのではないか。キックでボールを手放して大きい相手に走られるよりも、自分たちがボールをキープするのにモールをうまく使える方がいいのは当然だ。
 昨シーズン、ELVs下でも一番安定したモールを組むことが出来たのは多分御所工・実なのではないだろうか。対桐蔭の花園三回戦で千切られてもプラットフォームは全く崩れない見事なモールを見て桐蔭OBの友人が本当に感心していた。ということは、御所はどうすれば新ルールでもモールを使えるかを考えていたことになる。自分たちが小さいゆえの工夫なのだろう。。
 第87回大会の長崎北陽台を考えてみても、効果的であればという限定つきであるが、小さなチームが研究して使うモールはそれなりに魅力がある、とつい考えてしまう。大型チームがモールを放棄(?)している今はチャンスなのかもしれない。


 高校ラグビーを見始めた頃、立て続けに「どんなにトライにつながらなくてもそれしかないからとにかくモール」という試合を立て続けに見て辟易したことがある。たとえつまらないとか、弱いものいじめとか言われても(言ってるのは私か…)、得点につながるならいいと思える部分があるのだが、つながらないのにそれにすがっているのを見るのは非常に辛いものがあった。
 そのように、思考停止的にモールに頼るのは賛成できないが、高校生からラグビーを始めるチームにとって、モールが効果的な戦術の一つであるのは確かだろう。そうであれば、たとえモールを駆逐しようとする(?)ELVs下であっても様々に工夫して上手にモールが使われれば、それは日本の高校ラグビーの独自性ということにもなるのではないだろうか。関東大会で奮闘する選手たちを見ていてそう感じた。
 

 これが関東だけでなく、全国的な流れなのかどうかということも興味が出てくる。そういう意味でも選抜は楽しみだ。そんなことが一気に起きるのかどうかは分からないが、小型チームが軒並みモールを効果的に押してきたら大型チームはどうするのか?それにELVs自体も「試行」であるのだからまだどうなるか分からない。高校生たちのモールは、これからどう進化するのだろうか。 



 ついでにおまけ
 ノットリリースの判定がどの試合も異様に速い。ファイトさせないように通達が来ているのか、レフェリー同士で意思疎通を図っているのか(日本協会のHP読まないと駄目かな)。
 味方が後ろからバインドしていても駄目な気がする。あれだと、大人はみんな駄目では?なんて思うのだが、その辺どうなのかな…。
[PR]
by kefurug | 2009-02-15 23:38 | 高校ラグビー

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug