<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出来ること

 某県立高校が近隣にある。野球部が練習試合をしていると、アナウンスがはっきりと聞こえてくる。この夏は、エースがちょっと注目されているらしいということを夫が聞きつけて、ふらっと練習試合を見に行ったり、甲子園の予選にも足を運んだりした。
 
 自分でも驚いたことに、高校野球を生で見るのは実は始めてだった。まともに見てみて思ったのだが、野球とはこんなに恐ろしいスポーツだったのだろうか。投手にかかる比重が大き過ぎ、一球一球の持つ意味があまりにも重過ぎる。一人の人間であれば、急に調子が崩れることもあり、アウトがとれなければいつまで経っても相手の攻撃が終わらない。マウンドに立って試合を成り立たせることの重さを考えると、どちらのチームを応援しているわけでなくても、打っても打たれても、息が出来ないような気持ちになる。
 せつないのは、野手は、自分のところに球が飛んでこない限り、どんな状況に対しても何も出来ないことである。もちろん、いつでも現在に対して備え続けることは出来るしそうすることが必要だが、それはあくまでも備えているだけであって、直接何か働きかけることが出来るわけではない。野球をしている立場からはまた違った意見があるだろうが、今回観客として私はそう感じた。


 ラグビーは、惨めになるスポーツだ。条件も含めたチーム力の差、個々人の能力の差、経験値の差、勇気の差がくっきりと浮かび上がってくる。伯仲しているのであればそれらの微妙な差異がゲームの綾を作るが、蹂躙という形容がふさわしいほどに一方的な展開となれば、負けている側がタックルに行けばいくほど、それでも止められない残酷さが一層露になるのだ。あるいは勇気に欠ければ、攻め来る相手に手も出せず立ち尽くす自らの姿を容赦なく人目に晒す。辛いスポーツだ、とずっと思っていた。
 しかし野球を見ていて、ラグビーのことが頭に浮かんできた。ラグビーには、どんなに負けていても、どんな状況であっても「自分が」出来ることというのが最後まで残されているのではないだろうか。もちろん、細かいことを言っていけばラグビーでも何も出来ないという事態は多く存在するだろうが、それでも、自分に気持ちがあれば戦い続けられるスポーツだ、という気が強くしている。どんなに負けていても、走り続け、刺さり続けることは出来る。
 
 ラグビーは、番狂わせが少なく、先に述べたように自分の力の足りなさとその場で向き合い続けなければならない。それでも、自分に今何が出来るのかを見つけ続け、戦い続けることの出来るならば、強豪校でなくとも、優秀な選手でなくとも、自分と出会い続けることが出来るスポーツなのかもしれない。
 ラグビーをする意味は、もしかしたらそこにも…。
  

 
 話は少し変わる。
 その県立高校では部活動が盛んで、ぐるっと学校を一周すれば野球部、サッカー部、ラグビー部、テニス部の屋外組の姿が見られるだけでなく、武道場から剣道部の気合が、体育館からはバスケットシューズが床を踏みしめる音や、様々な喧騒が聞こえてくる。
 体育館の横に立つ桜の木が、道行く人に向けて手を差し伸べるかのように塀から枝を伸ばしている下を通る度に、そこから彼らの青春が滴り落ちてくるような気がするのである。
 
[PR]
by kefurug | 2011-08-28 15:33 | 高校ラグビー

IN 名古屋

 ♪~朝5時に高崎を出て~朝5時に帰る~
 a 24-hour trip~♪ (日本中央バスのおかげで、高速バスの利便性が宇都宮にいる頃とは比べ物にならない)


 「那古野」の文字に「『なごや』だ~!ということは、この辺に織田信長の城が…?」と一人盛り上がる姉貴に、「これ、『なごの』だと思ってたけど…」と戸惑う地元名古屋のS。信号は「nagono」のローマ字表記で、「『なごの』だ~」となったものの、私が一人ぶつぶつと「でも、『那古野城』って『なごやじょう』って読んで、名古屋の地名の元々の表記なんじゃなかったっけ…自信が急になくなったから家に帰ったら調べる…」などと未練がましく呟いている(確認した結果、那古野城は名古屋城の範囲に含まれてしまっていて(そりゃそうだ)、「那古野」は地名として別の場所に存在しているということらしい)。
 
 ということで、またまた名古屋である。
 今回は、日韓中ジュニア交流競技会の、日韓戦にやって来た。菅平のU17の大会を見ていたので、この顔ぶれなら是非試合を見たいと思ったのだ。地元愛知勢が怪我で辞退しているのは本当に残念だったけれど(特に、春日丘の選手は再び見るのを楽しみにしていたのだが)。



 …でも、名古屋まで来たにしてはちょっと期待はずれ。
 菅平では見事なタックルを見せてくれていた面々なのに、タックルが高い。ファーストアタックがきれいに決まり、一方的な展開になるかと思いきや、ミスで攻守が交代すると、途端にばたばたし始める。韓国に攻め手がなかったから助かったものの、結局最後までタックルは高いままだった。何となく、「怪我したくない」というのが見えるなー、と思っていたら、横でSも同じことを言っていた(笑)。FW勢の鉄壁のディフェンスと魂の突進が見たかったけれど、この試合にそこまで望むのは筋違いだったか…。
 韓国NO8の突破力と気合は見事。韓国の2トライはいずれも彼が決めたものだ。

 
 ただ、アタックには見応えもあった。この日フル出場のSO山沢君が久々に魅せる(個人的に、埼玉県大会はよかったが、関東、菅平U17と不調、あるいは周りと呼吸があってないように見えた)。開始1分、見事なスワーブで相手をかわすとそのままトライ。その後も何度かビッグゲインを見せる。特に、山沢君が相手の間合いを外してFB松田君にパス、受けた松田君は相手タックルを受けながら外へパス、最後のフィニッシュをきれいにお膳立てする、という場面が随所で見られ、試合に華を与えた。

 もう一人のSOの常翔の佐々木君も是非見たかったが、この日は登場なし。山沢君が活躍したから満足なような、やはり残念なような…。
 
 このメンバーで試合をしたら、どんな素敵なことになるか、という私の想像を、来年は超える試合で高校日本代表として頑張っていただけたら、と願います。今回はちょっとがっかりだったな…。
 
 
 <おまけ> 
 菅平でU17の試合を見て、「そういえばこの世代は一応ジュニア花園見たはずだな…」と思い(今年の高校3年生世代からだった…)、いろいろ調べてみたら面白くて調べ物にはまっていた時期があって(笑)、ここでちょっとトリビアを。
 山沢君は中学時代はサッカーということで報じられているけれど、U15東日本のプログラムの「埼玉県選抜A」にいる。背番号とプログラムの番号が一致しないので有名な大会だけれど(笑)、もしこのチームは番号が一致してたとしたら、プレースキックも蹴っていたことになる(昔の観戦ノートより)。やっぱりちょっとはやっていたのね(と思うんだけど)。
[PR]
by kefurug | 2011-08-26 22:06 | 高校ラグビー

お、おまけ…

 今、夫が名言を吐いた。

 「男は、満足。」

 飲酒量を控えるように言いたいのだが、妙な説得力の前に黙ってしまうのは何故だろう…。
[PR]
by kefurug | 2011-08-22 23:20 | たわごと

菅平の週末

 雨の中、帝京のSH滑川君の体が更に大きくなっていることに驚く。横を見ると、SOの森田君もCTBの南橋君もすごい。ジャージのせいだけではなさそうで、出来の悪いCG合成を見ているような気分になるほど。
 BKがこれだけ鍛えているのだからFWはもっとすごそうで、去年までと変わらず体は大きく見える。更に、Aチームの対戦だというのに前半と後半で殆ど総とっかえになるほど選手を入れ替えてくる余裕。今年も普通に帝京は強いだろう。

 対する慶應、横で見ていた人が「小さいよなー」と呟いていた通り、破壊力はないかもしれない。その分、とにかく動いて必死に戦う、という雰囲気は去年のチームを思い起こさせて、何となく慶應っぽい雰囲気を醸し出している。キャプテンの仲宗根君がタックルすごく頑張っていたのと、11番の瀧口君というWTBがうまくはまったらちょっとよさそうな感じだったのが印象に残った(FL陣もいいかも)。

 雨が強く、足場とハンドリングが両チーム厳しい状況だったので、試合としては今後の参考にはあまり出来ないかもしれない。


 関東学院が弱いかも、と何となく勝手に想像していたが、早稲田A戦の後半の後半(慶應ー帝京との兼ね合いでそれしか見られない)では「やっぱり何とか仕上げてくるもんだな~」と。ラフだけど(笑)。早稲田のバックスリーは、速いよね…。個人的にはNO8大峯君と、試合出なかったけど22番登録の荻野君(←柏陽!)はシーズンに入ってからも見られたらすごいなと楽しみにしている。


 そして、この後立教ー近大も観戦。時間の組合せがうまくいくとうれしい。力関係がどんなもんなのか分からないので興味深かったが、近大FWのリアクションの速さや、エリアマネジメントがしっかりしているのに感心している内に気づいたというか、うっすら思い出したというか(そうだったような気がしてきたというか)、グラウンドの横で声を掛け続けている外国人コーチがクリス・ミルステッドではないかと。その場に一緒にいると、ラグビーを選手を愛している感じが伝わってくるのがすごい。豊田自動織機もそうだったけど、いいチーム作るよなぁ(京産大とかもか…ホンダは試合見てないから何も言えないけど)。これを間近で体感出来たのが自分にとってはすごいことだった。普通の競技場じゃこの距離では見られないから…。
 そんなわけでしっかりコーチングを受けている模様の近大は、今年も関西でかなりやってくれるのではと思う。

 立教は、やっぱり(というのは毎年見ていて同じ事を思うから)アタックの核を作れるかどうかが問題なのだろう。まだちょっと焦点がぼやけている感じがする。


 翌日、日曜日は、夫も仕事があると出かけてしまったので、頑張ってもう一回菅平へ。立川理道見たいじゃん(笑)。中央のCTBに高橋君も出ているし、ということで中央ー天理を観戦した。
 立川君のプレーって、見ているだけで体調がよくなってくるような気持ちになる。タックルもいくし、あれは宝だ。文字君と立川君で戦ってくれるような日本代表だったら、地球の裏側まででも応援に行くのに…。
 中央に関しては、今回はあんまり何も言わない(笑)。でも、楽しみにしていた高橋君もあまりいいところなしで、両CTBのタックルがあれでは厳しいのではないかと、思った。大輔君とまではいかなくても、ちょっとあっさり抜かれすぎ。
 天理はなんかしっかりしていて、今年も強そうだと思われ。後半、立川が変わると得点がぴたっと止まったので、彼がいなくなる来年にどういうラグビーが出来るかで真価が問われるんだろうということを考えた。


  
 
 最近、ブログを書きたいと思えるようになってきていて、にも関わらず、ちょっと書くたびに自分の文章が嫌で耐えられずに止めるということの繰り返しで、どうしたらいいものか分からず、しかもブログってやっぱり今ひとつノリが分からんとか余計な邪念まで入ってきて、一層どうしたらいいか分からないのだけれど、とにかく何か書かなくちゃと思って書きました。こういう余計な言い訳を書かなくていい日が早く来てほしい(すみません)。
 明日は名古屋弾丸ツアー。
 
 
[PR]
by kefurug | 2011-08-22 21:47 | rugby

とりあえず、非常に個人的な思いを書き綴ります。


by kefurug